茨城県つくば市みどりのエリア最新の大型分譲地[ソシエルみどりの]つくばエクスプレスみどりの駅徒歩12分に誕生

つくば市・みどりのに誕生。
都市の利便性も自然環境も謳歌できる、居住区。

  1. 2つの街区から構成される
    ソシエルみどりの

    総開発面積約72,000m²のソシエルみどりのは、2つの居住区から構成されます。1つはイーストリア、そしてもう一つが、ウエストリアです。2つの街区は複数の道路で結ばれ、2つの街区が1つの街区として機能することを目指して開発が進められています。共通の設計思想、共通の景観規定を採用して、新しい街の誕生を目指しています。

  2. 景観規定に則って
    進められる街づくり

    開発ルールとして景観規定を採用しています。すでに、各エリアにあわせて街路景観上の重要度を設定。どのような「まちなみ樹木」を配備すべきが具体的に明文化されています。最も重要な「アイストップツリー」には、4.0メートル以上の樹高が必須とされ、さらに樹木種も定義されています。コーディネーターである住宅生産振興財団が主導して、新しい街づくりを確実に進めています。

  3. 日本を代表するハウスメーカー
    6社によるコラボレーション

    ソシエルみどりのは、日本を代表するハウスメーカー6社によるコラボレーションプロジェクトです。179のご家族のご要望と夢をお聞きし、お住まいをご提供します。一戸一戸の佇まいが、ソシエルみどりのを育てていきます。

  4. 自由に使える
    クラブハウスのある居住区

    ソシエルみどりのには、住民のみなさんのコミュニティ形成を促すために重要拠点としてクラブハウスが開設されます。様々なイベントやレクリエーションを通して、住民みなさんにつながりを自然と生み、ソシエルみどりのにお住まいのみなさんが支え合い、安心して快適に暮らすことができる新しい地域コミュニティづくりを目指します。

  5. 交通安全にも貢献する
    クルドサック

    エリア内のメイン道路には丸型のクルドサックを採用しています。
    行き止まり部分をロータリー形式にすることで、自動車にスピードを減速させ、エリア内の交通安全を向上させます。中央にはシンボルツリーが配備され、外部からの自動車の進入防止にも効果的。
    エリア内の安全性にも貢献します。

  6. 野菜づくりを楽しめる
    菜園エリア

    ソシエルみどりのエリア内には、菜園エリアの新設も予定されています。ご家族で、気軽に野菜の栽培を楽しむことができます。お子様の教育にも有効活用できる貴重なスペースです。